【16-17シーズン予想フォーメーション】レアル・マドリード編

新シーズンに向けてヨーロッパ各クラブの移籍マーケットが架橋を迎えている。そんな中、TOTAL11が2016-2017シーズンのスタメンを徹底予想!

第6弾は、昨シーズンのチャンピオンズリーグ王者、レアル・マドリード。ジダン監督2シーズン目を迎え、ビックネームの補強も今のところはなさそうだ。成熟期を迎えるレアルの新シーズン予想フォーメーションはコチラ!

※は新加入選手。

EURO2016でも大活躍したクリスティアーノ・ロナウドとベイルがこのチームの柱であることは間違いない。モドリッチやクロースという安定したパフォーマンスを発揮できる選手も中盤に揃えている。DFラインにはセルヒオ・ラモスとペペが構えており弱点は見当たらないが、バックアップメンバーの台頭が唯一の懸念事項だろう。センターフォワードには、スペイン代表モラタが復帰したが、ロナウドやベイルの替えがきく選手の獲得が課題になりそうだ。現時点ではフランス代表パイェが噂されているが、交渉は進んでいない。ハメス・ロドリゲスやイスコ、バスケスがパフォーマンスを上げてくるかどうかがポイントになりそうだ。

完成度の高い戦力で、悲願のチャンピオンズリーグ2連覇なるか。ジダン監督の2シーズン目にも注目だ。