現地で大絶賛!清武がデビュー戦で高パフォーマンスを見せる!

8月2日にプレシーズンマッチ、グラナダ対セビージャが行われた。試合は、セビージャが新加入のFWルシアーノ・ビエットとMFスティーヴン・エンゾンジのゴールによって、グラナダに2-0で勝利した。清武のタッチ集はコチラ!

セビージャのMF清武弘嗣は、後半21分から途中出場。注目された背番号は「14」となっていた。
先月12日のトレーニング中に負傷した清武は最大全治4週間と診断されており、日本でのリハビリを経てドイツキャンプに遅れて合流。しかし、当初よりも早いペースで回復を見せ、実践デビューを果たした。

清武のデビュー戦を見た地元紙『エスタディオ・デポルティーボ』は、「清武はボール扱いが非常に上手く、相手のプレッシャーも簡単にかわしていた」と高評価。さらに現地のサポーターはネット上で「素晴らしすぎる」「フランコ・バスケス以上だ」「バネガを彷彿とさせる」など絶賛の嵐だった。

ヨーロッパリーグ王者のセビージャは現地時間9日、UEFAスーパーカップでチャンピオンズリーグ王者のレアル・マドリードと対戦。清武のスタメン入りはあるのか、注目が集まる。

参照・画像出典:Joan Andreas