【16-17シーズン予想フォーメーション】バイエルン・ミュンヘン編

新シーズンに向けてヨーロッパ各クラブの移籍マーケットが架橋を迎えている。そんな中、TOTAL11が2016-2017シーズンのスタメンを徹底予想!

第四弾は、ブンデスリーガ王者のバイエルン・ミュンヘン。新監督にアンチェロッティを迎え、昨シーズンのグラウディオラ采配とはひと味違う陣営が組まれそうだ。新シーズンの予想フォーメーションはコチラ!

※は新加入選手。

大きな補強は、何と言ってもライバルのドルトムントから加入したDFフンメルスだろう。高さ、対人の強さ、攻撃の起点になる能力などセンターバックに必要な能力、全てにおいて世界のトップクラスだ。共にセンターバックを組むボアテング、GKノイアーとはドイツ代表でも共存しており、連携面も問題なさそうだ。そして中盤には、EURO2016でブレイクしたポルトガル代表のレナト・サンチェスが加入した。18歳とは思えない落ち着きで、攻撃力も十分だ。2列目は昨シーズンとそれほど変わりはないが、プレシーズンマッチで好調を意地しているリベリーが先発に入りそうだ。ドゥグラス・コスタやコマンなど若手選手も揃っており、選手層にも遜色はない。

アンチェロッティ新監督にとっては初のブンデス挑戦となるが、これまで各国でタイトルを獲得した指揮官にとっては心配する必要もなさそうだ。