マンU移籍合意のムヒタリアンってどんな選手?彼の巧さがわかる動画

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(27)が、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍で個人合意をかわしたようだ。27日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

同メディアによると、ムヒタリアンはマンチェスター・Uに移籍金2630万ポンド(約36億円)で加入することで個人合意に至ったという。来週にもメディカルチェックを受けて、正式発表になる模様。

現在27歳のムヒタリアンは、2013年夏にシャフタールからドルトムントに移籍。3シーズンでリーグ戦90試合に出場し、23ゴールをマークしている。また、アルメニア代表では主将を務め、同代表通算最多得点記録を樹立するなど活躍。アルメニアの年間最優秀賞を5年連続で受賞しており、通算6度も輝いている。
中盤からのドリブルや、左右両足でのキック精度の高さが特徴だ。それではスーパープレー集を見てみよう。

なお同日、元スウェーデン代表のイブラヒモビッチもマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が合意との報道があった。前線にはルーニー、マルシャル、ラッシュフォード、マタなどスター選手を揃える“赤い悪魔”の来シーズンの躍進が楽しみだ。

参照・画像出典:ScoutNationHD