シャルケが史上最高額で獲得した19歳、エンボロの凄さがわかる動画

ブンデスリーガのシャルケは26日、バーゼルからスイス代表FWエンボロ(19)を獲得したことを発表した。契約期間は2021年までとなる。移籍金は2,000万ユーロ(約22億7,000万円)で、シャルケ史上最高額だ。

カメルーン生まれのエンボロは2010年にバーゼル下部組織に加入。2014年3月に同クラブのトップチームでデビューを果たし、現セレッソ大阪の柿谷曜一朗ともプレーした。当時、柿谷はエンボロを『化物』と評した程の規格外の選手だ。バーゼルでは公式戦90試合に出場し、31ゴール22アシストを記録。『化物』級のスーパープレー集はコチラ!

なおエンボロには、ヴォルフスブルクやユヴェントス、マンチェスター・ユナイテッドも関心を抱いていたとされる。シャルケで結果を残せば、更なるビッククラブへ移籍する日も遠くないだろう。

参照・画像出典:ScoutNationHD