15歳の久保君はやっぱり“メッシ2世”だった!衝撃のアシストを決める

6月24日に国際大会「U-16インターナショナルドリームカップ2016 JAPAN Presented by JFA」第2節、U-16日本代表対U-16マリ代表が行われた。
試合は、アウェーのU-16マリ代表がU-16日本代表に1-2で逆転勝利した。

バルセロナのジュニアユース出身の久保建英が圧巻のプレーを見せてくれた。右サイドでボールを受けた久保はロッベンばりのカットインで2人を交わす。最後は右足で中央へ折り返し、FC東京のチームメイトである平川怜の先制点をアシストした。そのプレーがコチラ!

参照:YouTube(アプリで閲覧中の方は、こちらからご覧ください。)

左利きのフォワードで、小柄ながら圧倒的なテクニックと独特のリズムで相手を抜き去るプレーは、まさにメッシを彷彿させる。将来が楽しみで仕方ない日本の逸材だ。