今季初スタメンのMF香川がゴール!DF酒井高との日本人対決を制す!(動画あり)

9月20日にブンデスリーガ第5節、ハンブルガーSV対ボルシア・ドルトムントが行われた。
DF酒井高徳とMF香川真司による日本人対決となった試合は0-3でドルトムントが快勝している。

この試合の最初のゴールは、今季初の先発出場となった香川によるものだった。

前半24分、右サイド深くからのFKを獲得したドルトムントはFWアンドリー・ヤルモレンコが左足でふわりと浮かせたボールをDFオマル・トプラクが頭で合わせると、このボールを拾った香川は振り向きざまにシュートを決めた。

ドルトムントはこの後2点を追加して開幕からの負けなしをキープ。度重なる負傷で出遅れていた香川だが、監督や選手が多く入れ替わったチームでここから存在感を発揮していけるだろうか。

参照・画像出典:Twitter