新天地を求めた2人の日本人対決!FW宇佐美がゴール、DF内田も勝ち越し弾を演出!(動画あり)

9月10日に2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)第5節、フォルトゥナ・デュッセルドルフ対ウニオン・ベルリンが行われた。
試合は壮絶なシーソーゲームの末、3-2でデュッセルドルフが勝利を収めている。

今夏の移籍市場で新天地を求めた2人の日本人の直接対決が実現。1-1で迎えた後半28分にデュッセルドルフがFW宇佐美貴史を投入すると、その1分後にはDF内田篤人も途中出場を果たす。

すると直後の後半32分、ペナルティーエリア内でボールを受けた内田が素早い反転からクロスを送るとこれが相手選手のオウンゴールを誘ってベルリンが勝ち越し。

しかし後半39分には宇佐美が魅せる。ロングスローの流れからPA内でボールが高く上がると走り込んだ宇佐美は右足を一閃。移籍後初のリーグ戦で鮮烈なゴールを奪った。

試合は終了間際に劇的ゴールを奪ったデュッセルドルフが勝利。2人の日本人はそれぞれの良さを発揮し、新たな一歩を踏み出した。

参照・画像出典:Twitter