浅野!井手口!若手躍動の日本が6大会連続でW杯の切符を掴む!(動画あり)

8月31日にロシアワールドカップアジア最終予選、日本代表対オーストラリア代表が行われた。
試合はFW浅野拓磨とMF井手口陽介のゴールで日本が2-0の勝利を収めている。

勝てばW杯出場が決まる大一番、MF香川真司やFW本田圭佑をベンチに置いた日本はなかなか有効な攻撃を組み立てることができない。

それでも前半41分、左サイドをオーバーラップしたDF長友佑都が中央に切れ込みながら右足でクロスを上げると、足の止まったオーストラリア守備陣の裏を突いた浅野が左足で合わせて待望の先制点を手にする。

対するオーストラリアは後半に入ってもボールを保持して反撃を試みるが、次のゴールを奪ったのも日本だった。

後半37分、途中出場のFW原口元気が繋いだボールを左サイドで受けた井手口は、相手DFをブロックしながらドリブルで中央にカットインすると右足を一閃。勝利を決定づけるスーパーゴールを沈めた。

ボール支配率やパスのスタッツでは下回るも、球際の強さや素早い攻撃でオーストラリアを上回った日本。スタメンに抜擢された若手が躍動し、見事に6大会連続となるW杯出場を決めた。

参照・画像出典:Twitter