【ACL】日本勢同士の準々決勝はホームの川崎が3発快勝!浦和はアウェイゴールで希望を繋ぐ!(動画あり)

8月23日にアジアチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦、川崎フロンターレ対浦和レッズが行われた。
試合はFW小林悠の2ゴールの活躍で川崎が3-1の勝利を収めている。

ベスト4入りを懸けてJクラブ同士が激突する準々決勝、等々力陸上競技場で行われたこの一戦では川崎がホームの強さを発揮した。

まずは前半33分、左サイドを深く抉ったMF中村憲剛が中央に折り返したボールを小林が左足で冷静に流し込んで川崎が先制に成功する。その後も攻勢を緩めない川崎は後半5分、MFエドゥアルド・ネットのスルーパスに抜け出した小林がシュートを放つと、GKの弾いたボールをDFエウシーニョが押し込んで追加点を奪う。

一方の浦和はMF青木拓矢の絶妙なパスを受けたFW武藤雄樹が1点を返すが、後半40分に再び小林にゴールを奪われてしまう。終わってみると川崎のシュート18本に対して浦和は4本とやや一方的なゲームとなったが、浦和は貴重なアウェイゴールを持ち帰って第2戦に希望を繋いだ。

ハイライトはこちら!

参照・画像出典:YouTube