シャルケDF内田篤人が移籍を決断!ドイツ2部から復活を目指す!(動画あり)

ウニオン・ベルリン(ドイツ2部)は8月21日、シャルケからDF内田篤人を完全移籍で獲得したことを発表した。2018年6月までの1年契約となっている。

29歳の内田は2010年夏に鹿島アントラーズからシャルケに加入。以来、7シーズンの在籍で153試合の公式戦に出場した。

「ウッシー」という愛称で多くのサポーターから親しまれてきた内田のシャルケでのハイライトは、マンチェスター・ユナイテッドに敗れたもののCLでベスト4まで駒を進めた加入1年目の10-11シーズンだろう。

DFBポカールのタイトルも獲得したこのシーズン以外でも欧州における日本人選手の評価を高める活躍を残してきたが、近年は度重なる怪我に悩まされ試合に出場することも難しいシーズンが続いていた。

日本代表への復帰を期待する日本のファンも多いが、かつてシャルケで指揮を執っていた恩師イェンス・ケラー監督の下で、まずは怪我なくシーズンを通してプレーする姿が見られることを願いたい。

プレー集はこちら!

参照・画像出典:YouTube