大宮と新潟、残留へ向けた重要な一戦はエースの一撃で決着!(動画あり)

8月13日にJ1リーグ第22節、大宮アルディージャ対アルビレックス新潟が行われた。
試合はホームの大宮が1-0で勝利を収めている。

共に降格圏に沈む両チームの試合は是が非でも勝ち点3を掴みたい重要な一戦。勝利を手繰り寄せたのはエースの一撃だった。

スコアレスで迎えた後半28分、大宮はFKの流れから高く上がったボールをDF河本裕之が頭で繋ぐと、これを受けたFW江坂任は右足のトラップして左足でハーフボレー。強烈なシュートをネットに突き刺した。

終盤には新潟の猛攻に遭うも、まさに一閃というようなこのゴールを守り切った大宮。残留争いのライバルを直接対決で下し、順位こそ変わらないものの貴重な勝ち点3を積み上げた。

参照・画像出典:Twitter