【17-18シーズン開幕直前】07-08シーズン以来のタイトル獲得へ!トッテナムの予想スタメンとキーマンを考察!

欧州主要リーグの開幕が目前に迫り、移籍市場の動きもいよいよ佳境を迎えようとしている。そこで17-18シーズンの各クラブの予想スタメンやキーマン、戦い方などについて考察していく。

第2回はプレミアリーグ最少失点を誇る堅守とFWハリー・ケインを中心とした強力攻撃陣を擁して2位で16-17シーズンを終えたトッテナム・ホットスパー。欧州の舞台での躍進も狙う新シーズンはどのような戦い方になるのか。

予想スタメン

GK
ウーゴ・ロリス
DF
キーラン・トリッピアー
トビー・アルデルヴァイレルト
ヤン・ヴェルトンゲン
ダニー・ローズ
MF
ビクター・ワニャマ
ムサ・デンベレ
クリスティアン・エリクセン
デレ・アリ
ソン・フンミン
FW
ハリー・ケイン

ここまでの移籍市場では新戦力を迎え入れることができていないトッテナム。16-17シーズンから大きな変更はなく、マンチェスター・シティへと移籍したDFカイル・ウォーカーに代わってトリッピアーが右サイドバックに入るのみだ。

新シーズンのキーマンはFWヴィンセント・ヤンセンとなるだろう。16-17シーズンのトッテナムは敗戦の数はリーグ最少の4だったが、引き分けはチェルシーの3に対して8と勝ち切れない試合が目立った。また、ケインの負担を減らすためにもスーパーサブ的活躍を望めるストライカーが必要であり、ヤンセンやあるいはこれから加入する選手にそれが求められるだろう。

トッテナムは今後の補強でも戦力が大きく変化することはないはずで、慣れ親しんだメンバーでさらに戦術を成熟させることとなるだろう。その中でここまでチームを成長させてきたマウリシオ・ポチェッティーノ監督がさらなるエッセンスを加えることができれば、16-17シーズンはグループステージで敗退したCLでの躍進や07-08シーズンのリーグカップ以来のタイトル獲得も見えてくるはずだ。