【ルヴァン杯】盤石のセレッソ!人とボールが連動する攻撃で決勝トーナメントに駒を進める!(動画あり)

7月26日にYBCルヴァンカッププレーオフ第2戦、セレッソ大阪対北海道コンサドーレ札幌が行われた。
試合はMF福満隆貴のゴールでセレッソが1-0(2戦合計3-0)で勝利。決勝トーナメント進出を決めている。

リーグ首位に立つセレッソが盤石の勝利を収めたこの試合、唯一の得点は見事な形から生まれた。

前半26分、左サイドでボールを運んだ福満はFWリカルド・サントスへパス。19歳のMF斧澤隼輝を経由して右サイドへ展開すると、MF秋山大地のクロスに福満が頭で合わせた。

人とボールが絶え間なく動いてスペースを作り出し、クロスに対してもニアの斧澤を含めて3枚がペナルティーエリア内に待つ理想的な攻撃を見せたセレッソ。リーグだけでなく、カップ戦でも着実に結果を残している。

参照・画像出典:Twitter