ユヴェントスがアーセナルのポーランド代表GKを獲得!ブッフォンの後継者となるか!?(動画あり)

ユヴェントスは7月19日、アーセナルからGKヴォイチェフ・シュチェスニーを完全移籍で獲得したことを発表した。2021年までの4年契約で移籍金は1220万ユーロ(約16億円)。

現在27歳のシュチェスニーは、2006年からアーセナル下部組織でプレー。2008年夏のトップチーム昇格以降、公式戦181試合に出場。直近2シーズンは期限付き移籍でASローマに加入し、16-17シーズンはリーグ戦38試合で14試合のクリーンシートを記録した。

196cmという恵まれた体格と鋭い反射神経で力強いセービングを見せるこのポーランド代表GKは、前線へのロングパスの精度も高く、大きな欠点は見当たらない。

ユヴェントスには新シーズンに40歳を迎えるGKジャンルイジ・ブッフォンがゴールマウスを守っているが、この世界的名手を脅かし、その後継者となるべくさらなる成長を期待したい。

プレー集はこちら!

参照・画像出典:YouTube