FW川又の股抜きゴール!攻守共に充実の磐田が怒涛の5連勝!(動画あり)

7月8日にJ1リーグ第18節、ジュビロ磐田対ヴァンフォーレ甲府が行われた。
試合はFW川又堅碁のゴールで磐田が1-0の勝利を収めている。

この試合唯一のゴールは前半14分、中央でボールを受けたMF中村俊輔の縦パスを受けたMF川辺駿がダイレクトでスペースへ。これで裏に抜け出した川又は、角度のないところからGKの股を抜いてゴールを陥れた。

川辺に相手DFが食いついて生まれたスペースを見逃さず走り込んだ川又の動き、そしてそれを視界に入れるやパスを送る川辺とまさにチームの好調を示すようなコンビネーションだった。

この1点を守り切って5連勝を飾った磐田は、そのうち浦和レッズ戦を除く4試合でクリーンシートを達成し、攻守に充実感が漂う。順位でも7位につけており、後半戦の台風の目になりそうだ。

参照・画像出典:Twitter