改革を進める”新生”ミラン!欧州トップクラスのFKキッカーを獲得!(動画あり)

ACミランは7月3日、レヴァークーゼンからMFハカン・チャルハノールを完全移籍で獲得したことを発表した。2021年までの4年契約で移籍金は2200万ユーロ(約28億円)。

この23歳のトルコ代表MFはカールスルーエSCの下部組織出身で、ハンブルガーSVを経て2014年夏にレヴァークーゼンに加入。16-17シーズンは契約問題で4か月の出場停止があったが、15試合で6ゴール5アシストを記録している。

中盤中央でのプレーを好むプレーメーカーでキック精度には定評があるチャルハノール。中でもフリーキックに関しては欧州でもナンバー1を争う精度を誇ると言われている。

ブンデスリーガ111試合で28ゴール22アシストと実績は申し分なく、これで既に6人の新戦力を迎え入れたことになる”新生”ミランでも攻撃の核となる活躍が期待される。

プレー集はこちら!

参照・画像出典:YouTube