まさに”天才”の一振り!MF柿谷のゴールで先制したセレッソが仙台との乱打戦を制す!(動画あり)

6月25日にJ1リーグ第16節、ベガルタ仙台対セレッソ大阪が行われた。
試合は仙台の反撃を振り切ったセレッソが2-4で勝利を収めている。

乱打戦となった試合は悩める”天才”が火蓋を切った。

前半16分、MF清武弘嗣のロングパスに抜け出したFW柿谷曜一朗は、バウンドにタイミングを合わせてダイレクトで左足を振り抜き、低い弾道のシュートを突き刺した。

柿谷はこれがシーズン3ゴール目となったが、PK以外での得点はこれが初めて。本人にとってもサポーターにとっても待望のゴールだった。

終盤にはMF山口蛍の豪快なミドルシュートも生まれて仙台の追撃を振り払ったセレッソ。2位につける好調のチームに主将の柿谷まで調子を上げてくれば、快進撃はまだ続きそうだ。

山口の豪快ミドル!

参照・画像出典:Twitter