【コンフェデ杯】ドイツ代表DFヘクターの極上のクロス!優勝候補の2チームの対戦はドロー決着!(動画あり)

6月22日にFIFA コンフェデレーションズカップ2017第2節、ドイツ代表対チリ代表が行われた。
試合は少ないチャンスをものにしたドイツが追いついて1-1で引き分けに終わっている。

前線から組織的なプレスを仕掛けてショートカウンターを狙うチリは、狙い通りの形から先制点を奪う。

前半6分、ドイツのDFシュコドラン・ムスタフィの縦パスをカットしたFWアレクシス・サンチェスとMFアルトゥーロ・ビダルのワンツーから最後はサンチェスが左足で決めた。

その後もプレスに苦しむドイツだったが前半41分、MFエムレ・ジャンが左サイドのDFヨナス・ヘクターへスルーパス。ヘクターはダイレクトでGKとDFの間を通すこれ以上ない上質なボールを送ると、MFラース・シュティンドルが飛び込んで同点とする。

後半も互いのストロングポイントをぶつけ合った両チームだが、決定力を欠いた試合は引き分けに終わった。

参照・画像出典:Twitter