東京Vと名古屋の上位対決!注目の一戦を制したのは!?(動画あり)

6月10日にJ2リーグ第18節、東京ヴェルディ対名古屋グランパスが行われた。
試合はFWドウグラス・ヴィエイラの2ゴールで逆転した東京Vが2-1で勝利を収めている。

6位東京Vと3位名古屋、4ポイント差で迎える注目の上位対決はまずアウェイの名古屋がボールを握る展開に。

すると前半15分、MF田口泰士の縦パスを起点にFWシモビッチの落としを受けたFW杉森考起が密集の中で小さなモーションから右足を振り、意表を突いたシュートはGKの手を弾いてネットを揺らした。

下部組織出身の20歳の初ゴールで先制した名古屋だったが後半20分、右サイド深くからFWアラン・ピニェイロが送ったクロスを途中出場のドウグラス・ヴィエイラに頭で押し込まれ、同点とされる。

さらにそのわずか2分後、MF橋本英郎の正確無比なロングパスに抜け出したドウグラス・ヴィエイラが華麗なトラップから冷静に流し込んであっという間に東京Vが逆転に成功する。

ロティーナ監督の采配が見事的中した東京Vがこのまま逃げ切り、さらなる上位進出へ重要な一戦を制した。

参照・画像出典:Twitter