4試合勝ちなしと苦しむ大分がエースが好調の2位横浜FCと対決!その結果は!?(動画あり)

6月10日にJ2リーグ第18節、大分トリニータ対横浜FCが行われた。
試合は2度のリードを許した横浜FCがFWイバの2ゴールで2-2の引き分けに持ち込んでいる。

先制に成功したのはここ4試合勝ちがない大分だった。

前半25分、右サイドからFW小手川宏基が送ったクロスのこぼれ球を拾ったMF鈴木惇が、ボール奪取の勢いそのままに左足で豪快なシュートを蹴り込んだ。

後半に入ってイバのPKで同点とされた大分だが、またしてもファインゴールでリードを奪う。

後半34分、細かくパスを繋ぎながらゴール前へ侵入していくと横浜FCのDFのクリアが甘くなる。これにいち早く反応したFW三平和司がダイレクトで右足を振り抜くと、鋭いシュートはゴール左上を射抜いた。

しかし後半アディショナルタイムに再びイバにPKを沈められ、大分は悔しいドローで5試合勝ちなしとなってしまった。一方、貴重な勝ち点を掴んだ横浜FCは3位に後退したが好調のエースの活躍で上位を維持している。

参照・画像出典:Twitter