イラクとの最終予選へ重要な一戦!シリアをホームに迎えた日本代表は!?(動画あり)

6月7日にキリンチャレンジカップ2017、日本代表対シリア代表が行われた。
試合はシリアに先制を許すもMF今野泰幸のゴールで追いついて1-1の引き分けに終わっている。

ブルガリアでプレーするMF加藤恒平をはじめ、DF三浦弦太やGK中村航輔など新戦力の起用も期待されたが大きなサプライズはなく、DF森重真人が招集外となったセンターバックにはDF昌子源が入った。

前半10分、日本はMF香川真司が相手選手と競り合った際に左肩を負傷し、急遽MF倉田秋が投入されるアクシデントに見舞われる。その後は、サイドを起点に攻撃を組み立てようとするがシリアの出足の速い守備に苦しみ、前半はスコアレスで折り返す。

ボールを保持できない状況を打開すべく後半開始からFW久保裕也に代えてFW本田圭佑を投入した日本だが、後半3分、DFアムロ・ジェニアトの右サイドからのクロスに合わせたFWマルデク・マルドキアンのヘディングで先制を許してしまう。

反撃は後半13分、左サイドを細かいパス交換で突破するとオーバーラップしたDF長友佑都のクロスに飛び込んだ今野が右足で押し込んで同点とした。

さらに日本はMF井手口陽介、FW乾貴士と次々に交代カードを切って攻勢を強めるが、最後まで勝ち越しゴールを奪うことができず、13日に控えるイラク戦に向けて不安を残す引き分けとなった。

ゴールシーンはこちら!

参照・画像出典:Twitter