【CL】破壊力のレアルと堅守のユヴェントス!カーディフの決戦を制したのは!?(動画あり)

6月3日にUEFAチャンピオンズリーグ決勝、ユヴェントス対レアル・マドリードが行われた。
ウェールズの首都カーディフでの試合は、後半立て続けにゴールを奪ったレアルが1-4で勝利を収めている。

最多得点のレアルと最少失点のユヴェントスによる欧州最高峰の一戦は前半20分、FWクリスティアーノ・ロナウドが右サイドをオーバラップしたDFダニエル・カルバハルからのの折り返しをダイレクトで決めてレアルが先制する。

しかしユヴェントスも7分後、左サイドからDFアレックス・サンドロがクロスを送ると、FWゴンサロ・イグアインの落としを受けたFWマリオ・マンジュキッチが胸トラップから意表を突くバイシクルでGKの頭上を破ってすぐさま同点とした。

後半に入るとレアルが中盤の支配力を武器にペースを握る。そして後半15分、MFトニ・クロースが放ったシュートの跳ね返りをMFカゼミーロがダイレクトで振り抜く。相手DFに当たったボールはコースを変えてゴール左隅に吸い込まれた。

さらに畳みかけるレアルはそのわずか4分後、MFルカ・モドリッチのクロスに飛び込んだロナウドが追加点。ニアで合わせてGKブッフォンの守るゴールを再び陥れると、終盤には途中出場のFWマルコ・アセンシオもゴールを奪った。

ここまでCL12試合で3失点というユヴェントスの堅守を打ち砕いたレアルが史上初の連覇を達成。2ゴールのロナウドはFWリオネル・メッシを抜いて5大会連続の得点王に輝いた。

ハイライトはこちら!

参照・画像出典:YouTube