コントロールとパワー、左足スーパーゴールの競演!(動画あり)

5月31日にYBCルヴァンカップ第7節、北海道コンサドーレ札幌対柏レイソルが行われた。
試合はホームの札幌が2-1で勝利を収めている。

逆転でプレーオフ進出の可能性を残す札幌は前半38分、先制に成功する。

右サイドでのパス回しから中央でボールを受けたDF福森晃斗は、左足で大きくカーブを描くコントロールシュートをゴール左上に沈めた。

後半にMFマセードのゴールで1点を追加した札幌だが、柏も負けじとスーパーゴールで一矢報いた。

後半28分、FWクリスティアーノの落としを受けたDF宮本駿晃は、トラップから左足を一閃。選手の密集を切り裂くような鋭いシュートがサイドネットに突き刺さった。

それでもリードを守り切った勝利した札幌は他会場の結果を受けて3位に浮上でのプレーオフ進出が確定。公式戦5試合ぶりの勝利でリーグ戦にも好影響を与えるはずだ。

参照・画像出典:Twitter