【ACL】ホームで大逆転を狙う浦和!乱闘騒ぎもあった試合は劇的な結末に!(動画あり)

5月31日にアジアチャンピオンズリーグラウンド16第2戦、浦和レッズ対済州ユナイテッド(韓国)が行われた。
延長にもつれた試合はDF森脇良太の劇的ゴールで浦和が3-0で勝利し、合計スコア3-2で準々決勝進出を決めた。

第1戦はボールを支配しながらカウンターからの失点で0-2の完敗。アウェイゴールを考えるとホームで3点差以上の勝利が求められる浦和は人数をかけてゴールを奪いに出る。

すると前半18分、MF柏木陽介のFKをFW興梠慎三が頭でファーポストに流し込んで先制に成功。さらに34分には、興梠のパスでDFラインの裏に抜け出したFW李忠成が角度のないところからシュートを決めて早々に同点とした。

後半も攻める浦和はゴールこそ奪うことはできないが、後半36分興梠を倒した済州のDFチョ・ヨンヒョンが退場となって数的有利に。すると90分を越えた先にドラマが待っていた。

延長後半9分、途中出場のFW高木俊幸が左サイドからクロスを送ると、興梠の頭を越えたボールはファーサイドに飛び込んだ森脇の元へ。右足で上手くミートして待望の3点目を奪った。

終了間際には乱闘騒ぎもあって済州はさらに2選手が退場に。終始済州を圧倒した浦和は、見事な逆転劇で川崎フロンターレに続いて日本勢2チーム目のベスト8進出を果たした。

ハイライトはこちら!

参照・画像出典:YouTube