セレッソ一筋のベテランがスーパーボレー!チームをグループ首位に導く!(動画あり)

5月24日にYBCルヴァンカップ第6節、セレッソ大阪対ヴィッセル神戸が行われた。
試合はDF藤本康太のゴールを守り切ったセレッソが1-0で勝利を収めている。

セレッソ一筋13年目を迎えるベテランのスーパーゴールが勝利を呼び込んだ。

前半11分、DF田中裕介のFKをMF木本恭生が頭で折り返すと、このボールを藤本が難しい体勢からダイレクトボレー。緩やかなループを描いたシュートはGKの頭上を大きく越えてネットを揺らした。

藤本にとって公式戦でのゴールは2014年8月20日天皇杯カターレ富山戦以来、実に1008日ぶり。このゴールで勝利したセレッソは神戸を抜いてグループステージ首位に立ち、決勝トーナメント進出に大きく近づいた。

参照・画像出典:Twitter