【U-20W杯】”韓国のメッシ”の名は伊達じゃない!本家顔負けの独走ゴール!(動画あり)

5月23日にFIFA U-20ワールドカップ第2節、韓国対アルゼンチンが行われた。
試合は母国開催の韓国が2-1で初戦に続く勝利を飾っている。

初戦のギニア戦に続いてまたしても”韓国のメッシ”が輝きを放った。

前半18分、ハーフウェーラインからドリブルを開始したFWイ・スンウは、大きな切り返しでDFを置き去りにするとさらにスピードを上げて、GKとの1対1では本家さながらのループシュートを決めて見せた。

その後、PKから追加点を奪った韓国は、後半にFWマルセロ・トーレスのゴールで1点を返されたが逃げ切りに成功。グループステージ最終節イングランド代表との試合を前に決勝トーナメント進出を確定させた。

ハイライトはこちら!

参照・画像出典:YouTube