大勝で有終の美を飾ったバイエルン!2人のレジェンドがついにピッチを去る!(動画あり)

5月20日にブンデスリーガ第38節、バイエルン・ミュンヘン対SCフライブルクが行われた。
試合は既に優勝を決めているバイエルンが4-1で大勝している。

先制点は前半4分、この試合を最後にピッチを去るMFシャビ・アロンソが代名詞とも言える正確なロングパスをFWアリエン・ロッベンに送る。これを受けたロッベンは角度のないところから左足を振り抜いて決めた。

後半にはFWニルス・ペテルセンにゴールを許したものの、アディショナルタイムに2点を奪ったバイエルンが力の差を見せつけた。また、アロンソと同様に今シーズン限りでの引退を表明しているDFフィリップ・ラームは後半42分に退くまでキャプテンマークを巻いてプレーした。

CLではレアル・マドリードに、国内カップでもドルトムントに敗れ、決して満足のいくシーズンではなかったバイエルンだが、2人のレジェンドを失う来シーズンはどんな戦いを見せてくれるだろうか。

先制点はこちら!

試合後のレジェンド

参照・画像出典:Twitter