【U-20W杯】2大エース揃い踏み!15歳久保もアシストで日本は白星発進!(動画あり)

5月21日にFIFA U-20ワールドカップ第1節、南アフリカ対日本が行われた。
試合はFW小川航基とMF堂安律のゴールで日本が1-2の逆転勝利を収めている。

強豪揃いのグループを勝ち抜くためにまずは初戦をものにしたい日本だったが、立ち上がりの前半7分にMFグラント・マージマンのシュートをブロックに入ったDF富安健洋のオウンゴールで失点してしまう。

出鼻を挫かれた形となったが、ボールを支配して徐々にペースを握った日本。前半に得点は生まれなかったものの良い流れを維持して試合を折り返すと後半3分に待望のゴールが。

前半から再三チャンスを演出していた左サイドからFW岩崎悠人がグラウンダーのクロスを入れると、ニアで反応したのは小川。エースの1点で試合を振り出しに戻した。

さらに攻撃の手を緩めない日本は後半27分、堂安のスルーパスに抜け出した途中交代のFW久保建英が折り返すと、再び走り込んだ堂安が得意の左足で合わせて逆転に成功した。

その後は南アフリカの猛攻を受けた日本だったが、富安とDF中山雄太のCBコンビを中心とした堅い守りで凌いで大事な初戦を白星で飾った。

ハイライトはこちら!

参照・画像出典:YouTube