レスターとトッテナムの一戦はFWハリー・ケインが爆発!2年連続の得点王へ驚愕の4ゴール!(動画あり)

5月18日にプレミアリーグ第34節、レスター・シティ対トッテナム・ホットスパーが行われた。
試合はFWハリー・ケインとFWソン・フンミンがゴールを量産したトッテナムが1-6で大勝している。

レスターは既に残留を決めており、トッテナムも2位を確定させて臨むこの試合はいわば消化試合でもあった。そのせいもあってかレスターの守備陣は緊張感に欠くプレーが散見され、前半25分、簡単に裏を取ったソンのパスをケインが決めてトッテナムが先制する。

さらに36分にはソンがMFデレ・アリの浮き球のパスをペナルティーエリア内でボレーで決めて追加点。後半14分にDFベン・チルウェルのゴールで1点を返したレスターだが、その後は立て続けに失点。終わってみればシュート26本を打たれて6失点とホームで屈辱の大敗を喫した。

この日4ゴール1アシストのケインはエヴァートンのFWロメル・ルカクの24ゴールを抜いて26ゴールで得点王争いのポールポジションに立った。また、2ゴール1アシストのソンは今シーズンの公式戦で21ゴールとなり、欧州における韓国人選手の最多得点記録を更新。

なお、FW岡崎慎司は前半45分のみの出場で、シュート0本で低調なパフォーマンスに終始した。

ケインの全ゴールはこちら!

参照・画像出典:Twitter