勝てば優勝のチェルシー!ドラマは終盤に待っていた!(動画あり)

5月12日にプレミアリーグ第37節、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)対チェルシーが行われた。
試合はFWミシー・バチュアイのゴールでチェルシーが0-1の勝利を収めている。

勝てば優勝が決まるチェルシーだが、圧倒的にボール支配しながらもなかなかゴールを割ることができない。しかし、引き分けかと思われた終盤にドラマが待っていた。

後半36分、サイドを揺さぶったチェルシーはDFギャリー・ケーヒルがミドルシュートを放つも、キックミスとなって右サイドへ。これに反応したDFセサル・アスピリクエタがダイレクトで送ったグラウンダーのクロスを途中出場のバチュアイが押し込んだ。

ややラッキーな形で先制したチェルシーはこのゴールを最後まで守り切って勝利。2位トッテナムの追走を振り切り、2試合を残して2年ぶりのリーグ優勝を決めた。

参照・画像出典:Twitter