【CL】奇跡を起こしたいアトレティコ!圧倒的劣勢で迎えたマドリード・ダービーの行方は!?(動画あり)

5月10日にUEFAチャンピオンズリーグ準決勝第2戦、アトレティコ・マドリード対レアル・マドリードが行われた。
試合はホームの第1戦を3-0で勝利したレアルが1-2とアトレティコの猛攻を逃げ切り、合計スコア2-4で決勝進出を決めている。

逆転での突破には最低でも4点が必要なアトレティコは試合開始から果敢に攻め立てる。

まずは前半12分、右サイドからのCKに飛び込んだのはMFサウール・ニゲス。高い打点と強烈なヘディングで見事にGKのニアを抜いた。

さらに4分後、FWカラスコのパスを受けたFWフェルナンド・トーレスがペナルティーエリア内でレアルのDFラファエル・ヴァランに倒されてPKを獲得。これをFWアントワーヌ・グリーズマンが決めて早々に2-0とした。

しかし前半42分、FWカリム・ベンゼマは左コーナーフラッグ付近でボールをキープすると、3人のDFに囲まれながらゴールライン際をドリブル突破してラストパス。MFトニ・クロースのシュートは弾かれるが、MFイスコが押し込んでレアルが貴重なアウェイゴールを奪った。

これで逆転には3点が必要となったアトレティコは後半FWケヴィン・ガメイロを投入してシュート9本の猛攻を見せるが、反撃はここまで。これまで何度もアトレティコの悲願を阻んできたライバルを前にまたしても敗れてしまった。

ハイライトはこちら!

参照・画像出典:YouTube