【CL】悲願のビッグイヤーへ突き進むユヴェントス!第1戦に続いて試合を決めたのはあの男!(動画あり)

5月9日にUEFAチャンピオンズリーグ準決勝第2戦、ユヴェントス対ASモナコが行われた。
試合はDFダニエウ・アウベスの1ゴール1アシストの活躍でユヴェントスが2-1、合計スコア4-1で勝利している。

アウェイでの第1戦を0-2で制して大きなアドバンテージがあるユヴェントスは、リスクをかけすぎることなく機を見たカウンターで試合をコントロールする。一方のモナコは最低でも3点が必要な状況もあって、FWキリアン・ムバッペとMFベルナウド・シルバを中心に積極的な姿勢を見せる。

試合が動いたのは前半33分、ペナルティーエリア手前でボールをキープしたFWパウロ・ディバラはMFミラレム・ピャニッチを経由して右サイドに展開する。パスを受けたアウベスが送ったクロスはファーサイドのFWマリオ・マンジュキッチの頭にピンポイント。このヘディングは防がれるも、こぼれ球を再び押し込んで貴重なゴールを奪った。

さらに前半44分、左サイドからCKを得たユヴェントス。ピャニッチの蹴ったボールはGKに弾かれるが、このボールをアウベスが豪快なダイレクトボレーで決めた。

第1戦でもFWゴンサロ・イグアインの2ゴールをお膳立てしたこのブラジル人DFはまたしても全得点に絡んで勝利を決定的なものにした。後半にはモナコがムバッペのゴールで1点を返したが、スコア以上の力の差を感じさせられる試合となった。

ハイライトはこちら!

参照・画像出典:YouTube