正真正銘の大一番!”ノースロンドンダービー”を制したのは!?(動画あり)

4月30日にプレミアリーグ第35節、トッテナム・ホットスパー対アーセナルが行われた。
試合はMFデル・アリとFWハリー・ケインのゴールでトッテナムが勝利を収めている。

前半はボールを支配しながらも決定機を決められなかったトッテナムだが、後半10分に先制ゴールを奪うことに成功する。
ロングスローを起点に、ケイン、アリと繋いでMFクリスティアン・エリクセンがペナルティーエリア内でドリブルからシュート。これは防がれるが、こぼれ球を再びアリが押し込んで均衡を破った。

この日ボランチに入ったエリクセンも絡む厚みのある攻撃を見せたトッテナムは、この3分後にPKからケインが追加点を挙げた。目標は違えどお互いに負けられない大一番の”ノースロンドンダービー”を制したトッテナムは逆転優勝へ望みを繋ぎ、一方のアーセナルはトップ4入りへ痛恨の敗戦となった。

参照・画像出典:Twitter