意外性のある攻撃からマリノスの堅守を崩したのはガンバの18歳FW!(動画あり)

4月30日にJ1リーグ第9節、横浜F・マリノス対ガンバ大阪が行われた。
試合は18歳FW堂安律のゴールでガンバが0-1の勝利を収めている。

お互いに守備から慎重に入った前半は決定的なチャンスが無く、スコアが動いたのは後半64分だった。
ガンバがカウンターから左サイドを突破すると、DF藤春廣輝はグラウンダーのクロスを送る。これに対してニアに飛び込んだFW長沢駿はヒールパスを選択し、無人のゴールに堂安が押し込んだ。

見る者全てを欺く長沢のアイデア溢れるアシストでガンバはリーグ戦の連勝を飾った。得点者の堂安はACLアデレード戦を含めて公式戦3試合で4ゴール。家長昭博や宇佐美貴史の系譜を継ぐ”天才”の実力を見せつけている。

参照・画像出典:Twitter