順位なんて関係ない!市を二分する”さいたまダービー”の結末は…!?(動画あり)

4月30日にJ1リーグ第9節、大宮アルディージャ対浦和レッズが行われた。
試合はMF茨田陽生のゴールで先制した大宮が浦和の猛攻を防いで1-0で今季初勝利を収めた。

大宮に勝ち点3をもたらしたゴールは後半18分、FW江坂任はルーズボールを拾うと猛烈と駆け上がってきた茨田にパス。対峙するMF阿部勇樹を抜き切らずに振り抜いたシュートは名手・西川周作のニアを破る豪快なゴールとなった。

試合前の順位は最下位と首位で対照的な2チームだったが、順位に関係なく一進一退の戦いが繰り広げられ、まさにダービーという試合になった。公式戦11試合目で首位の宿敵に勝っての初勝利は、大宮にとってこれ以上ない大きなきっかけであり、何とかここからの巻き返しを図りたい。

別角度からの映像も!

参照・画像出典:Twitter