圧倒的な高さと強さ!”FW”闘莉王が3試合連続ゴール!(動画あり)

4月29日にJ2リーグ第10節、大分トリニータ対京都サンガFCが行われた。
試合はMF小屋松知哉のゴールで先制した京都が1-3の勝利を収めている。

京都の1点リードで迎えた後半9分、左サイド深い位置からFW岩崎悠人がクロスを送ると、この日もFWとして起用された田中マルクス闘莉王が持ち前の高さ、フィジカルの強さで豪快なヘディングを決めた。

先制点にも絡んだ闘莉王は、ハットトリックを達成した第8節愛媛FC戦から3試合連続のゴール。ここまで6試合の出場で6ゴールと信じられない決定力を見せ、得点ランクでも3位タイにつけている。まさにチームを勝利に導く活躍を続けており、DF登録での得点王にも期待せずにはいられない。

参照・画像出典:Twitter