【ドイツ杯】19歳デンベレがスーパーゴール!”デア・クラシカ”を制してドルトムントが決勝へ!(動画あり)

4月26日にDFBポカール準決勝、バイエルン・ミュンヘン対ボルシア・ドルトムントが行われた。
試合はFWウスマン・デンベレの1G1Aの活躍でドルトムントが2-3の逆転勝利を飾っている。

相手の連携ミスを突いて幸先よく先制したドルトムントだが、圧倒的にボールを支配するバイエルンに対してピンチを迎えるシーンが多くなる。すると、前半28分にCKからDFハビ・マルティネス、さらに41分には古巣対戦のDFマッツ・フンメルスにゴールを許し、前半で逆転されてしまう。

しかし、後半に入るとドルトムントがカウンターからチャンスをつくる。後半24分にはペナルティーエリア内右でパスを受けたデンベレがファーにクロスを送ってFWオーバメヤンが同点ゴール。

さらに5分後、チャンスを迎えたドルトムントはFWマルコ・ロイスがドリブルで前へ運ぶと最後はエリア内右のデンベレはパス。右足でトラップすると、シュートフェイントで相手DFをかわし、空いたコースに左足でバーを叩くスーパーゴールを決めた。

19歳デンベレのゴールで勝利したドルトムントは5月27日に行われる決勝でアイントラハト・フランクフルトと戦う。一方のバイエルンは70%を超えるボール支配率を記録しながらの手痛い敗戦となった。なお、MF香川真司はベンチ入りするも出番無く終わっている。

参照・画像出典:Twitter