ブレイクのきっかけとなるか!?東京五輪のエースがハットトリック!(動画あり)

4月26日にJリーグYBCルヴァンカップ第3節、ジュビロ磐田がFC東京行われた。
試合はFW小川航基のハットトリックの活躍で磐田が3-1で勝利を収めている。

小川のプロ初ゴールとなった1点目は前半11分にこぼれ球を押し込み、22分にはPKから2点目を決めているが、特筆すべきは後半17分に決めた3点目だ。

MF上田康太のシュートが相手に当たったことから生まれたラッキーゴールのように見えるが、コースの変わったボールを咄嗟にトラップした反応の鋭さとシュートまでのスムーズさは、まさにストライカーといった動きだった。

桐光学園から高校ナンバー1FWとして鳴り物入りで入団し、世代別の日本代表でもエースとして活躍していながら、クラブでは出場機会すら十分に得られていなかっただけに、小川にとってこのハットトリックは今後に繋がる大きな一歩となったに違いない。

ハイライトはこちら!

参照・画像出典:YouTube