これぞ小野伸二!”天才”の技術は未だ健在!(動画あり)

4月26日にJリーグYBCルヴァンカップ第3節、北海道コンサドーレ札幌対大宮アルディージャが行われた。
試合は前半に先制を許したアウェイの大宮が後半40分に追いついて1-1の痛み分けに終わっている。

札幌の先制点は前半16分、GK金山隼樹の正確なキックを受けたMF田中雄大の左サイドからのクロスをFW上原慎也がダイレクトで折り返す。そこに走り込んだMF小野伸二はバウンドしたボールに左足を上手く合わせた。

ピッチを広く、そして速く使った見事な攻撃で先制した札幌だが、逃げ切ることはできず引き分けに終わった。しかし、今もなおそのテクニックが錆びついていないことを証明した”天才”の今季初ゴールは、今後の戦いにおいて好材料となるだろう。

参照・画像出典:Twitter