FAカップ準決勝はスーパーゴールの応酬に!激戦を制したのは…!(動画あり)

4月22日にFAカップ準決勝、チェルシー対トッテナムが行われた。
試合は終盤に勝負強さを見せたチェルシーが4-2で勝利している。

FWペドロのFKから先制を許したトッテナムは前半18分、MFクリスティアン・エリクセンのクロスをゴール前のFWハリー・ケインが上手く頭でずらして同点に追いつく。

その後チェルシーがPKで勝ち越して迎えた後半7分、ゴール前に飛び込んだMFデレ・アリにエリクセンがピッチ中央から絶妙なロングパスを送ってゴール。

2つのスーパーゴールで再び試合を振り出しに戻したトッテナムだったが、試合を決めたのは途中出場のMFエデン・アザールだった。
後半30分にCKのこぼれ球を拾ったこのベルギー代表MFは、ペナルティーエリアの混戦を左足で正確に射抜いた。

これで勢いづいたチェルシーはさらに後半35分、殊勲のアザールが送ったバックパスをMFネマニャ・マティッチが左足一閃。バーを叩く豪快なスーパーゴールで試合を終わらせた。

63%のボール支配率を記録して主導権を握っていたトッテナムだったが、試合終盤に力尽きてしまった。一方のチェルシーは決定力と勝負強さを見せつけ、今後のリーグ戦においても大きな一勝となった。

参照・画像出典:Twitter