今、最も注目を集めるティーンエイジャー!驚異の18歳キリアン・ムバッペ!(動画あり)

UEFAチャンピオンズリーグで03-04シーズン以来となる準決勝に駒を進めたASモナコ。国内リーグでも4連覇中のパリ・サンジェルマンを抑えて首位に走っているが、この快進撃を支えているキーマンの1人が18歳FWキリアン・ムバッペだ。

モナコの下部組織出身であるムバッペは、2015年12月にSMカーン戦でプロデビューを果たした。15-16シーズンは公式戦14試合に出場し1ゴールに終わったが、2年目となる今シーズンはその才能を世界中に見せつけている。
百戦錬磨のベテランFWラダメル・ファルカオと並ぶ2トップの一角として主にプレーし、ここまで公式戦36試合で22ゴール11アシストという結果を残している。特に7試合で5ゴールを挙げているCLでは、5つのゴール全てが決勝トーナメントで決めたものと大舞台でも活躍できることを証明している。

ムバッペの特徴はその爆発的なスピードとゴール前の落ち着きにある。
センターフォワードの他に左右のウイングとしてもプレーできるが、ポジションに問わずそのスピードは相手の脅威となる。ボールを持った時でもスピードが落ちることなく、強引に対峙した相手を抜き去る姿はまさに怖いもの知らずといった様子。

一方で、スピードスターと呼ばれる選手の多くが抱える決定力不足という課題とは全くの無縁であり、ゴール前では年齢にそぐわない冷静なプレーを見せる。ドルトムントとのCL準々決勝第1戦、相手のバックパスを奪って決めたゴールはフィニッシャーとしての資質を十分に示しており、逆足やヘディングでのゴールが多いのも魅力的だ。
十八番とも言える左サイドからカットインし、右足のインサイドキックでゴールに流し込むプレーは、同じくモナコでデビューし世界的ストライカーへと羽ばたいたティエリ・アンリそのものであり、”アンリ二世”と呼ばれる所以の一つである。

3月25日に行われたW杯予選のルクセンブルク戦では早くもフランス代表としてデビューを果たし、ドルトムントFWウスマン・デンベレやマンチェスター・ユナイテッドFWアントニー・マルシャルらと共に未来を担う選手として期待を集めている。もちろん、彗星の如く現れたこのヤングスターをビッグクラブが見逃すはずはなく、バルセロナやレアル・マドリードをはじめ、アーセナル、インテルなどが獲得を狙っている。

来シーズン以降、彼がどこで戦っているかも気になるが、まずは山場を迎えたCLとリーグ戦でチームにタイトルをもたらす活躍を期待したい。

そんなムバッペのプレー集はこちら!

参照・画像出典:YouTube