J1通算2万ゴール目は金子!川崎は試合を支配するも…(動画あり)

4月21日にJ1リーグ第7節、川崎フロンターレ対清水エスパルスが行われた。
試合はMFチアゴ・アウベスのゴールで清水が引き分けに持ち込んでいる。

前半14分、カウンターからFW鄭大世が抜け出すとゴール前にグラウンダーでクロス。ニアに飛び込んだDF鎌田翔雅には合わなかったが、ファーに走り込んだMF金子翔太が押し込んで清水が先制に成功する。このゴールはJ1通算2万ゴール目の記念弾となった。

後半に2点を返して逆転を許した清水だったがアディショナルタイム、右サイドでボールを受けたアウベスが鋭いカットインからニアを抜くゴール。マッチアップしたDF登里亨平に加えてMF中村憲剛もカバーリングに入ったが、絶妙なコースに決めた。

土壇場で勝ち点1を獲得した清水は、暫定順位を8位として昇格組ながら粘り強く素晴らしい戦いを見せている。
一方の川崎は1014本のパス、69%のボール支配率を記録しながら勝ち切ることができなかった。

その他のゴールシーンはこちら!

参照・画像出典:Twitter