互いの意地がぶつかり合った”大阪ダービー”は両者譲らずドロー!(動画あり)

4月16日にJ1リーグ第7節、セレッソ大阪対ガンバ大阪が行われた。
3年ぶりの大阪ダービーとなった試合は、後半アディショナルタイムにMF倉田秋が決めたゴールでガンバ大阪が引き分けに持ち込んでいる。

ゲームの主役はセレッソ大阪FW杉本健勇だった。
1点を先制されて迎えた後半26分、DF丸橋祐介からのパスを受けた杉本は左足でトラップしながら上手くターン。対峙したDFをずらしてシュートコースをつくるとGKの上を射抜いた。

さらに後半41分、左サイドからMFソウザがクロスを上げるとエリア内で待ち構えていた杉本はバックステップを踏んでヘディングで決めた。

終了間際の失点で惜しくも引き分けとなったが、セレッソ大阪は効果的なプレッシングと体を張ったディフェンスで終始主導権を握った。一方、シュート6本に終わったガンバ大阪は土壇場で意地を見せた。

参照・画像出典:Twitter