頭!右足!左足!闘莉王が”パーフェクト”なハットトリック!(動画あり)

4月15日にJ2リーグ第8節、京都サンガFC対愛媛FCが行われた。
点の取り合いとなった試合は、後半アディショナルタイムにFWとして起用された田中マルクス闘莉王がハットトリックとなるゴールを決めて京都が劇的な勝利を収めている。

1点目は後半7分、CKのチャンスから武器である高さと強さを発揮して豪快なヘディングで決めて同点とした。
さらに後半27分、MF石櫃洋祐が左サイドからクロスを入れると闘莉王は胸でトラップ。さらに右足で浮かしてコースをつくるとサイドネットにシュートを突き刺した。

そして2-2の同点とされた直後の後半アディショナルタイム、MF湯澤聖人のロングスローを受けたFWケヴィン・オリスが粘ってゴール前にパスを出すと、ファーで待っていたのは闘莉王。左足で押し込んでハットトリックを決めた。

CBを主戦場とする闘莉王の天性の得点感覚によって開幕戦以来となる3ポイントを獲得した京都。順位は18位と厳しいがここから連勝して昇格戦線に加わることができるだろうか。

参照・画像出典:Twitter