これが日本のメッシだ!久保建英がJリーグ最年少ゴールを記録!(動画あり)

4月15日にJ3リーグ第5節、セレッソ大阪U-23対FC東京U-23が行われた。
試合は15歳FW久保建英の先制点を守り切ったFC東京U-23が勝利を収めている。

まさに「日本のメッシ」というゴールだった。
前半38分、左サイドでボールを持った久保はパスを選択。これはブロックされるが再びボールをキープすると急加速してドリブルを仕掛ける。細かいボールタッチでペナルティーエリアに侵入すると角度のないところから左足を振り抜き、強烈なシュートはバーとポストに当たってネットを揺らした。

このゴールでFW森本貴幸が保持していたJリーグ最年少ゴール記録を15歳10ヶ月11日に更新した久保。まだ物語は始まったばかりだが、J1デビューやA代表入りなど輝かしい未来を期待せずにはいられない鮮烈なゴールとなった。

参照・画像出典:Twitter