【CL】疑惑のPKでアトレティコが先勝!レスターは枠内シュート0…(動画あり)

4月12日にUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦、アトレティコ・マドリード対レスター・シティが行われた。

試合は前半28分、カウンターのチャンスで左サイドを駆け上がったグリーズマン。ペナルティーエリアに差しかかったところでMFマーク・オルブライトンが後ろから押してしまう。これがPKの判定となり、グリーズマンが落ち着いて決めて先制。

その後はアトレティコがボールを握ってゲームを支配。ポゼッション率は67.9%を記録し、レスターの枠内シュートは0に終わった。レスターとしては最少失点で抑えたものの、第2戦での逆転の可能性は高くはないだろう。なお、FW岡崎慎司は前半のみの出場で効果的な働きを見せることはできなかった。

ハイライトはこちら!

参照・画像出典:YouTube