【CL】香川が1G1A!チームは敗戦も第2戦に希望を繋ぐパフォーマンス!(動画あり)

4月12日にUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦、ボルシア・ドルトムント対ASモナコが行われた。
試合はフランスの新星FWキリアン・ムバッペの2ゴールの活躍もあり、敵地に乗り込んだモナコが2-3で勝利を収めている。

しかし、敗れたチームの中でMF香川真司はまばゆいばかりの輝きを放った。
まずは0-2で迎えた後半12分、FWオーバメヤンのアクロバティックなパスに抜け出すと、GKの前で触ってラストパス。FWウスマン・デンベレが流し込むだけの完璧なアシストを決める。

再び2点差とされて後半39分、右サイドからMFヌリ・シャヒンがクロスを送ると、香川はトラップで上手く抜け出してシュートフェイントでDFをかわし、最後はGKの股を抜いてゴールを決めた。

ドルトムントにとって3つのアウェイゴールを与えての敗戦で苦しい状況であることは間違いない。しかし、この日の香川の活躍は第2戦での逆転に希望を抱かせるには十分なものだった。

参照・画像出典:Twitter