安在和樹がスーパーミドルを決めるも東京Vの連勝は5でストップ!(動画あり)

4月9日にJ2リーグ第7節、東京ヴェルディ対湘南ベルマーレが行われた。
試合は首位に立つ東京ヴェルディが先制するも、湘南ベルマーレがハイプレスからチャンスをつくり、2-3で逆転勝利を収めている。

後半9分に1-3とされて以降、なかなか攻撃の形をつくることができなかった東京ヴェルディだったが、後半ATにはスーパーゴールが生まれた。
FKのこぼれ球を拾ったMF橋本英郎のバックパスにMF安在和樹は迷わず左足を振り抜く。低い弾道のシュートは雨でスリッピーなピッチもあってゴールに突き刺さった。

このゴールで1点差に詰め寄った東京ヴェルディだったが、時すでに遅し。連勝を5で止められ、順位も3位に後退した。

参照・画像出典:Twitter