伝統の”デア・クラシカー”は王者バイエルンが力の差を見せつける!(動画あり)

4月8日にブンデスリーガ第28節、バイエルン・ミュンヘン対ボルシア・ドルトムントが行われた。
“デア・クラシカー”と呼ばれる伝統の一戦は、70.8%のポゼッション率を記録したホームのバイエルン・ミュンヘンが4-1で大勝している。

前半4分にMFフランク・リベリーのゴールで先制したバイエルンは10分、そのリベリーのドリブルからFKのチャンスを得る。これをFWレヴァンドフスキが低い弾道で決めて、開始早々に2-0とした。

ドルトムントはMFラファエル・ゲレイロのスーパーゴールで2-1としたものの、後半は一方的にボールを支配され、4-1と力の差を痛感させられる敗戦となった。

参照・画像出典:Twitter